ウェディングドレスのバックスタイルは基本編み上げとファスナー(くるみボタン)で分けています。

普段のお洋服と違って着方に戸惑う方も多く、専門スタッフのいない前撮りや自宅で着るときの結び方に困る方もいらっしゃるので、その結び方をご紹介します。

 

編み上げタイプの特徴

編み上げはサイズ調整しやすいというメリットでよく選ばれます。

5センチ前後サイズが変わっても対応可能なのでダイエットする花嫁さんやサイズ変化を心配する方におすすめです。

シンデレラドレス バック編み上げ

LD3454(東京大塚店、名古屋店、京都店、福岡店、石川店、新潟店、東京日本橋店で試着可)

ウエストを引き締める編み上げタイプは全体を細く見せる効果もあって可愛いです♪

 

映像で見る編み上げ方法:シャーリング編み上げ式

編み上げでもシャーリング付きと付かないで分けられています。日本では両方見かけますが、欧米ではシャーリングのない編み上げ式が一般的です。

 

 

映像で見る編み上げ方法:編み上げ式

シャーリング編み上げよりちょっと手間かかりますが、サイズ調整範囲がよりお大きいので、体型変化が心配な方におすすめのバックスタイルです。

 

まず、一番上の穴の内側から、左右均等になるように編み上げヒモを通します。そして互い違いで編み上げヒモを下まで通します。通しながら上から締めていきます。

マーメイドドレス 編み上げ

カナダで前撮りのTOMOE様

一番下まで来たら、リボンを結びましょう。まずは一つ結びをします。そして二つのわっかを作って互いに通します。わっかの大きさはお好きのように調整できます。

アシンメトリーウェディングドレス バックスタイル

YOSHINO様のウェディングレポ

 

また、リボンを欲しくなければ、一つ結びにして、ドレスの中に隠せばよいのです。シックでエレガントなバックスタイルは出来上がります。

マーメイドカラードレス 編み上げ

LD4240-SK(名古屋店で試着可)

 

いかがでしょうか。

親族などにやってもらう場合はぜひ映像を見ながら練習しておきましょう。

ウェディングドレス 編み上げ

JWLT15016(東京大塚店、名古屋店、京都店、福岡店、三重店、石川店、福井店、新潟店、東京日本橋店で試着可)

関連記事一覧:

Share.
Scroll Up